非定型うつ病は20代から30代の女性によく見られる精神疾患

こころ元気
家族

非定型うつ病の専門家は、つらさを乗り越える力

非定型うつ病を患うと、どうにもならないつらい思いを感じているのに、
周りがそれをわかってくれないと苦しむことが多いです。
そこで、非定型うつ病は専門家と一緒に自分で乗り越えようという気持ちが大切です。

若者によく見られる病

現代人にとって、うつ病はもはや他人ごとではないとても身近な精神疾患になりました。どうしても前向きな考え方をすることができなくなって、自分の存在価値にすらも疑問を抱いてしまうこの精神疾患は、人間の社会生活に困難を与えます。
そして、現在ではうつ病というジャンルは細分化がなされるようになって、新たな傾向が見られるようになってきています。それが、非定型うつ病です。

非定型うつ病は20代から30代の若者によく見られる精神疾患で、従来のうつ病とはまた違った形で社会生活を送ることが非常に難しくなります。最近発見されたこのタイプの精神疾患は、まだまだ一般に認知されていないこともあって、患者にとっては大きな苦悩を与えます。
従前のうつ病と同じように気分が落ち込んでどうしようもない感覚に襲われる点では同じですが、終始気分が落ち込んでいるわけではなく楽しい気分になることができる瞬間があることが、その苦悩の原因です。
第三者からは病気として認識されず、気の持ちようであると思われたり、怠けていると叱責されたりすることから、乗り越えることが難しい上に本人の社会生活に支障を与えてしまいます。

だからこそ、自分の心理状況や身体症状から非定型うつ病の存在に目を向けて、この若者によく見られる病を乗り越えられるように行動することが、自分の人生を充実させるためには欠かせません。

非定型うつ病の症状でお困りの方はこちらの病院で診てもらいましょう。あなたにあった方法で治療してくれるので、信頼してお任せできます。

野いちご

データでみる罹患者

うつ病という大きなカテゴリの中に存在する精神疾患の一種として挙げられる非定型うつ病は、若者によく見られる精神疾患であるといわれています。
その根拠として、実際に症状を発症している罹患者を統計データとしてまとめてみると、明らかに罹患者の年齢層が低いことがはっきりしています。

データで見る罹患者の平均年齢として、一般的に想起されるうつ病においては平均年齢が32歳となっています。それに対して、非定型うつ病の場合は平均年齢が17歳という統計が出ています。
ですから、好発年齢と呼ばれる症状がよく発症する年代で判断しても、非定型うつ病は全く別物の精神疾患であると判断することができます。

さらに、別のデータにおいては女性の罹患者が男性よりも2倍から3倍で、発症年齢が20代から30代に発症しているという統計も出ています。
その結果、非定型うつ病は若者に発症する精神疾患である中でも、20代から30代の女性によく見られる精神疾患であることは明白です。

クローバー

非定型うつ病に勝つためにできること

非定型うつ病は、気持ちの問題や甘えではなく、立派な精神疾患です。
周りの判断も、自分の判断も、専門的な医師の知識と経験には勝てません。
目に見えない部分のことは、医師の診断と相談を活用して判断するべきです。